にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

野球小僧の城めぐり日記⚾️

仕事の合間にゆる〜くじっくり城めぐりを楽しんでます^_^

本佐倉城〜千葉輔胤が築いた千葉氏最期の本拠地

30.【本佐倉城】千葉県印旛郡酒々井町本佐倉781

〜日本続100名城 No.121〜

平成31年2月16日(土)☀️
15:00〜16:30

 

f:id:swinsuke:20190305232955j:image

 

自宅から車で1時間程度の本佐倉城を家族4人で訪れました。

 

○概要

酒々井町本佐倉地区と佐倉市大佐倉地区にまたがる丘陵地に、中世戦国時代に繁栄した本佐倉城跡(地域約35ha)があります。

本佐倉城は文明年間(1469年から1486年)に、千葉輔胤によって築城されました。輔胤は、享徳3年(1454年)に始まる関東の動乱のなかで千葉宗家を継いだ人物で、千葉氏代々の居城であった「千葉城」が戦場になり荒廃したため、「本佐倉城」を築いて新たな千葉氏の居城としました。「本佐倉城」は、以後百有余年にわたる戦国時代を通じて下総の中心となり、千葉家の当主9代が城主として下総を治めていました。

大永年間(1521年)頃、最初の城の改修と城下の整備が終わり、城を中心に家臣や商人が集められ、武家屋敷や町屋・市の形成が進みました。

この頃千葉氏は下総の覇権をめぐって小弓公方や上杉氏・里見氏との合戦を繰り返していたため、小田原北条氏と婚姻を結び、手を組みましたが、しだいにその勢力は弱体化し、ついには親胤・邦胤の二人の当主が城中で家臣に暗殺されました。天正18年(1590年)、豊臣秀吉小田原城攻めで北条氏に味方した千葉氏は滅亡し、本佐倉城は明け渡されました。その後、徳川家康の家臣が入城しましたが程なく廃城となり、その歴史を閉じました。(酒々井町ホームページより)

 

 

 

まずスタンプの設置してある酒々井市中央公民館に行きました。中央玄関を入り、ほぼ正面にスタンプが設置してありました。

f:id:swinsuke:20190309133046j:image
f:id:swinsuke:20190305233042j:image
f:id:swinsuke:20190305232809j:image

 

 

本佐倉城跡は公民館から車で5分程度。駐車場も整備されています。

f:id:swinsuke:20190305232856j:image
f:id:swinsuke:20190305232927j:image

f:id:swinsuke:20190305232818j:image 

 

本佐倉城跡は主郭群(城主の空間)と外郭群(家臣の空間)が同心円上に配置され、主郭群は7つの郭(「城山」、「奥の山」、「倉跡」、「城ノ内」、「東山馬場」、「東光寺ビョウ」、 「セッテイ」)と付属する腰郭群から構成され、城の中核部分を形成しています。外郭群は、城域の南端に位置する「向根古谷」で構成されています。(酒々井町ホームページより)

 

千葉氏の家紋は月と星を図案化した「月星紋」。駐車場からⅣ郭に向かいます。

f:id:swinsuke:20190305232918j:image
f:id:swinsuke:20190305232847j:image

 



Ⅳ郭虎口です。本佐倉城跡はみどころに案内板が表示してあり、細かく解説されています。
f:id:swinsuke:20190305232914j:image

f:id:swinsuke:20190309134918j:image

 

大堀切です。右手が奥ノ山、左手が城山です。
f:id:swinsuke:20190305232931j:image

f:id:swinsuke:20190309135102j:image

 

まずは城山に向かいます。
f:id:swinsuke:20190305233511j:image
f:id:swinsuke:20190305233038j:image

 

城山通路です。この通路は城山に向かう唯一の通路です。
f:id:swinsuke:20190305232940j:image

f:id:swinsuke:20190309135221j:image

 

城山虎口です。左折れの坂虎口の形態をとります。
f:id:swinsuke:20190305225200j:image

f:id:swinsuke:20190309135810j:image

f:id:swinsuke:20190309135514j:image

 

城山門跡です。
f:id:swinsuke:20190305225212j:image

f:id:swinsuke:20190309135903j:image
f:id:swinsuke:20190309135907j:image

 

城山も各所にわかりやすく表示板がありました。
f:id:swinsuke:20190305232755j:image
f:id:swinsuke:20190305233517j:image
f:id:swinsuke:20190305225152j:image
f:id:swinsuke:20190305233017j:image

 

城山からの眺めです。

f:id:swinsuke:20190309140752j:image
f:id:swinsuke:20190309140757j:image

 

続いて奥ノ山に向かいます。
f:id:swinsuke:20190305225216j:image
f:id:swinsuke:20190305232804j:image

f:id:swinsuke:20190309140308j:image

f:id:swinsuke:20190309140520j:image

 

奥ノ山の妙見宮跡です。
f:id:swinsuke:20190305225132j:image

 

倉跡です。
f:id:swinsuke:20190305225147j:image

 

続いて東山虎口に向かいます。
f:id:swinsuke:20190305232922j:image
f:id:swinsuke:20190305233024j:image
f:id:swinsuke:20190305232910j:image

f:id:swinsuke:20190309141626j:image
f:id:swinsuke:20190309141621j:image

 

東山虎口より京成線方面をのぞみます。
f:id:swinsuke:20190305225139j:image

 

東山虎口と南奥虎口です。

f:id:swinsuke:20190305232944j:image

f:id:swinsuke:20190309141933j:image

 

東光寺ビョウです。
f:id:swinsuke:20190305233000j:image

f:id:swinsuke:20190309143001j:image

 

南奥虎口です。
f:id:swinsuke:20190305232936j:image
f:id:swinsuke:20190305225206j:image

f:id:swinsuke:20190309143045j:image

 

 

倉跡一セッテイ空堀です。左手が倉跡、右手がセッテイです。
f:id:swinsuke:20190305232834j:image

f:id:swinsuke:20190309143258j:image

 

 

東山虎口を抜け、ビューポイントに上がりました。この日は曇っていましたが、晴れた日には筑波山が見えるようです。
f:id:swinsuke:20190305233046j:image
f:id:swinsuke:20190305232814j:image
f:id:swinsuke:20190305232906j:image
f:id:swinsuke:20190305233028j:image

f:id:swinsuke:20190309143422j:image

 

f:id:swinsuke:20190309151039j:image

 

 

帰りに近隣のJR南酒々井駅へ。この駅はもともとは製造した日本酒を運搬すべく酒蔵の飯沼本家がつくった駅とのことです。
f:id:swinsuke:20190305232751j:image
f:id:swinsuke:20190305232830j:image
f:id:swinsuke:20190305232902j:image
f:id:swinsuke:20190305233523j:image

 

 

本佐倉城は遺構もよく残されており、まるで探検のように家族4人で楽しむことができました。

 

 


アクセス
🚞 京成線 大佐倉駅より徒歩10分、酒々井駅より徒歩20分 

🚗東関東自動車道 酒々井ICより10分

千葉方面から・・・酒々井の手前で旧51号線に入り、酒々井町役場入口の所を左折(成田方面からだと右折)し、道なりに谷津に向かって下ると正面に城跡の台地が見える。

296号線を佐倉から成田方面に向かい、スーパートライアルの手前で旧道に入り、清光寺入り口の所(案内標識あり)を左折(酒々井方面からだと右折)。 

ж本佐倉城跡近辺の各所には案内標識が電柱等に取り付けてあります。

 

 

本佐倉城
〒285-0926 千葉県印旛郡酒々井町本佐倉781

https://goo.gl/maps/vWnfsVUYqR62

 

 

 

土気城〜土気酒井氏の本拠

29.【土気城】千葉県千葉市緑区土気町489

別名 貴船城

築城年 神亀年間

 


平成30年5月19日(土)☀️
13:30〜14:00

 

自宅からほど近い土気城へ。主郭は住宅型有料老人ホーム「ひまわりの郷」敷地内のため見学できませんが、周辺に遺構はよく残されていました。この日はクラン坂まで回れず、次回チャレンジです。

 

f:id:swinsuke:20180520074616j:image

 

 

三の丸から二の丸につながる大手道左側に千葉市教育委員会による土気城跡の説明板が。左手の畑は三の丸跡。

f:id:swinsuke:20180520074631j:image

f:id:swinsuke:20180520074616j:image

 

三の丸虎口土塁上の貴船大名神

f:id:swinsuke:20180520074655j:image

 

ひまわりの郷の看板にも「土気城址」の記載。

f:id:swinsuke:20180520074701j:image

 

大手道からひまわりの郷につながる土橋。土橋の下には空堀が確認できる。

f:id:swinsuke:20180520074734j:image

 

土橋からの空堀の様子。

f:id:swinsuke:20180520074749j:image

f:id:swinsuke:20180520074800j:image

 

ひまわりの郷入口。ここから先は立ち入りを断念しました。

f:id:swinsuke:20180520074812j:image

 

土橋付近には土塁が見られました。

f:id:swinsuke:20180520074825j:image

f:id:swinsuke:20180520074837j:image

 

 

アクセス

🚃 JR外房線土気駅より徒歩25分

🚗千葉東金道路 中野ICより15分

 

 

土気城
https://goo.gl/maps/SyKVWudac3y

 

 

 

 

 

銚子②(千葉県銚子市 犬吠埼灯台・君ケ浜・銚子漁港・ヒゲタ醤油・ウォッセ21・千駄ヶ岩・犬岩・屏風ヶ浦)

平成30年5月5日(祝)☀️

 

ゴールデンウィークということで、美味しいものを求めて銚子へドライブ。あらためて銚子の豊かな自然と見所の多さを感じました。やはり銚子は奥が深いです^_^

 

 

犬吠埼灯台

国道126号線から銚子ドーバーラインを経由し犬吠埼灯台へ向かいます。千葉県在住ながら犬吠埼灯台には初めて立ち寄りました。その景色はまさに絶景^_^犬吠埼灯台前の駐車場は8:30頃にすでにいっぱいだったので、君ケ浜の駐車場に車を停め、階段をのぼり灯台へ向かいました。

 

f:id:swinsuke:20180506070406j:image

f:id:swinsuke:20180506071306j:image

f:id:swinsuke:20180506070445j:image

f:id:swinsuke:20180506070516j:image

f:id:swinsuke:20180506070609j:image

f:id:swinsuke:20180506070637j:image

 

灯台内のらせん階段は90段あまり。下りと上りのすれ違いはなかなか大変です。

f:id:swinsuke:20180506070718j:image

f:id:swinsuke:20180506070751j:image

 

灯台から。気持ち良い風に吹かれまさに絶景です^_^

f:id:swinsuke:20180506070818j:image

f:id:swinsuke:20180506070838j:image

 

 

犬吠埼灯台の建設は、工部省灯台寮がイギリスから招へいした灯台技師、リチャード・ヘンリー・ブラントンの設計、施工監督のもとに明治5年9月28日に着工し、 明治7年11月15日に完成、点灯されました。

f:id:swinsuke:20180506070913j:image

 

f:id:swinsuke:20180506070926j:image

 

霧笛舎です。中では往時の霧笛を聞くことができます。

f:id:swinsuke:20180506070959j:image

f:id:swinsuke:20180506071029j:image

f:id:swinsuke:20180506071050j:image

f:id:swinsuke:20180506071108j:image

f:id:swinsuke:20180506071125j:image

 

尻屋埼灯台青森県)の霧鐘です。

f:id:swinsuke:20180506071153j:image

 

 

f:id:swinsuke:20180506071219j:image

f:id:swinsuke:20180506071243j:image

 

犬吠埼灯台
〒288-0012 千葉県銚子市犬吠埼9576
0479-25-8239
https://goo.gl/maps/xVixgSyZbwH2

 

 

【君ケ浜】

銚子で最も美しい砂浜といわれる君ケ浜海岸。犬吠埼灯台からほど近く、砂浜は薄茶色に輝いていました。気持ちのいい眺めの海岸線でした。

 

f:id:swinsuke:20180513140942j:image

f:id:swinsuke:20180513140959j:image

 

 

【銚子漁港】

この日は銚子漁港近くの「万祝」で早めの昼食。GWの開店時間である10時前に到着しましたが、1回転目に間に合わず、50分程度の待ち。新鮮でリーズナブルな価格帯。特にまかない丼850円がコスパ◎です。

 

f:id:swinsuke:20180513141327j:image

f:id:swinsuke:20180513141349j:image

 

まかない丼850円^_^

f:id:swinsuke:20180513141408j:image

 

f:id:swinsuke:20180513141443j:image

f:id:swinsuke:20180513141505j:image

f:id:swinsuke:20180513141521j:image

f:id:swinsuke:20180513141537j:image

f:id:swinsuke:20180513141552j:image

 

f:id:swinsuke:20180513141616j:image

f:id:swinsuke:20180513141637j:image

 

まいわい / 万祝(銚子漁協直営)
〒288-0051 千葉県銚子市飯沼町186
0479-21-6671
https://goo.gl/maps/8EwJejZTuSM2

 

 

ヒゲタ醤油

腹ごしらえの後はヒゲタ醤油にて工場見学。社員の皆さんに大変丁寧にご説明をいただきました。いくつになっても工場見学は心踊ります。

 

f:id:swinsuke:20180513142045j:image

f:id:swinsuke:20180513142103j:image

f:id:swinsuke:20180513142120j:image

f:id:swinsuke:20180513142132j:image

f:id:swinsuke:20180513142153j:image

f:id:swinsuke:20180513142212j:image

 

 

ヒゲタ醤油銚子工場
〒288-0803 千葉県銚子市八幡町516
https://goo.gl/maps/QyFcgXesuvm

 

 

【ウォッセ21】

魚の直売所であるウォッセ21へ。新鮮な魚介類が豊富に並びます。衝動買いの誘惑満載です。

 

f:id:swinsuke:20180513142545j:image

f:id:swinsuke:20180513142557j:image

f:id:swinsuke:20180513142621j:image

f:id:swinsuke:20180513142629j:image

f:id:swinsuke:20180513142647j:image

f:id:swinsuke:20180513142703j:image

 

ウオッセ21
〒288-0001 千葉県銚子市川口町2丁目6529−34
0479-25-4500
https://goo.gl/maps/dr7ggxBQTS82

 

 

外川駅・町並み】

銚子といって外せないのはやはり銚子電鉄外川駅のノスタルジックな雰囲気は大好きです。

f:id:swinsuke:20180513143033j:image

f:id:swinsuke:20180513143044j:image

f:id:swinsuke:20180513143105j:image

f:id:swinsuke:20180513143504j:image

 

外川駅
〒288-0014 千葉県銚子市外川町2丁目
https://goo.gl/maps/XG75X8fFixN2

 

 

【千駄ケ岩・犬岩】

外川駅から徒歩15分程度で到着します。またそれぞれに駐車スペースもあります。

千駄ケ岩の巨大さと犬岩のチャーミングさが見所です。千駄ケ岩と犬岩は至近にあり徒歩移動も可能です。

 

◯千駄ケ岩

f:id:swinsuke:20180513143350j:image

f:id:swinsuke:20180513143324j:image

f:id:swinsuke:20180513143414j:image

f:id:swinsuke:20180513143428j:image

 

千騎ケ岩
〒288-0015 千葉県銚子市犬若地先
0479-24-8181
https://goo.gl/maps/2PHuswqDYWz

 

◯犬岩

f:id:swinsuke:20180513143731j:image

f:id:swinsuke:20180513143819j:image

 

犬岩
〒288-0015 千葉県銚子市犬若
https://goo.gl/maps/rB7RDY7PNK12

 

 

屏風ヶ浦

今回は屏風ヶ浦が美しいとされる午後に訪れました。何度見ても圧巻の東洋のドーバーです。

 

f:id:swinsuke:20180513144018j:image

f:id:swinsuke:20180513144027j:image

f:id:swinsuke:20180513144052j:image

f:id:swinsuke:20180513144108j:image

f:id:swinsuke:20180513144116j:image

f:id:swinsuke:20180513144128j:image

 

屏風ヶ浦
〒288-0815 千葉県銚子市三崎町1丁目
https://goo.gl/maps/NV1y5Nz8Tfw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小湊鉄道(いすみ鉄道)沿線めぐり②(総元駅・飯給駅・高滝湖・鶴舞公園)〜番外編〜

平成30年3月27日(火)☀️
今日は菜の花と桜を見に、小湊鉄道いすみ鉄道沿線をドライブします🚗

 

f:id:swinsuke:20180327221248j:image

 

総元駅

圏央道 市原鶴舞ICから20分程度でいすみ鉄道 総元駅に到着しました。

f:id:swinsuke:20180327221228j:image

f:id:swinsuke:20180327221316j:image

 

写真撮影を待つ観光客が10名程度。ホームも花が咲き誇りカラフルです。

f:id:swinsuke:20180327221341j:image

 

駅周辺は菜の花が満開。桜はまだ2分咲き程度でした。いすみ鉄道沿線でも総元駅周辺は桜の開花が若干遅いようです。

f:id:swinsuke:20180327221402j:image 

f:id:swinsuke:20180327221719j:image

f:id:swinsuke:20180327221743j:image

 

汽笛とともに12時21分発の大原行きが到着です。まさに菜の花電車でした^_^

f:id:swinsuke:20180327221248j:image

f:id:swinsuke:20180327221933j:image

f:id:swinsuke:20180327221949j:image

 

総元駅
〒298-0255 千葉県夷隅郡大多喜町黒原
https://goo.gl/maps/FSkvwtWeZpS2

 

 

【石神名所 なの花畑】
先日に引き続き石神名所 なの花畑へ。今日はこちらでレジャーシートを広げ昼食です。平日にもかかわらず、50名程度小湊鉄道待ちの観光客がいました。菜の花も先日より色濃くなっていました。

f:id:swinsuke:20180327222456j:image

 

石神名所 なの花畑
〒290-0534 千葉県市原市石神225
https://goo.gl/maps/8YxtQHuzjyk

 

 

飯給駅

次に小湊鉄道桜の名所飯給駅へ向かいます。こちらは無人駅ながら、ノルタルジックな雰囲気が漂い人気の撮影スポットです。

f:id:swinsuke:20180327222735j:image

f:id:swinsuke:20180327222855j:image

f:id:swinsuke:20180327223135j:image

 

桜も5分咲き程度。例年より菜の花は少ないようでした。

f:id:swinsuke:20180327222910j:image

 

水面に映る桜と飯給駅。なかなかステキです。

f:id:swinsuke:20180327223046j:image

f:id:swinsuke:20180327223205j:image

 

飯給駅
〒290-0543 千葉県市原市飯給
https://goo.gl/maps/uchGAxDZty72

 

 

【高滝湖】

高滝湖も花見スポット。レイクラインの桜の満開も間近です。

f:id:swinsuke:20180327223402j:image

f:id:swinsuke:20180327223418j:image

f:id:swinsuke:20180327223436j:image

f:id:swinsuke:20180327223447j:image

 

高滝湖
千葉県市原市
https://goo.gl/maps/eK2GyKvigtx

 

 

鶴舞公園(県立笠森鶴舞自然公園)】

本日の最後は千葉県の代表的な花見スポット鶴舞公園に立ち寄りました。駐車場は20台程度駐車可能ですが、この時期の休日は混雑しそうです。

f:id:swinsuke:20180327223610j:image

 

桜は7分咲き程度でしたが、桜の本数も多く、圧巻の眺めでした。鶴舞公園は「千葉県桜の名所20選」に選定されています。

f:id:swinsuke:20180327223542j:image

f:id:swinsuke:20180327223600j:image

f:id:swinsuke:20180327223842j:image

 

笠森鶴舞自然公園
〒290-0512 千葉県市原市鶴舞
https://goo.gl/maps/HjZVeYkVyYP2

 

 

小湊鉄道沿線めぐり①(石神名所 なの花畑・里見駅)〜番外編〜

平成30年3月17日(土)☀️

菜の花の最盛期ということで小湊鉄道沿線へドライブ🚗暖かな小春日和のなか、気持ちのいい一日になりました。

f:id:swinsuke:20180319185105j:image

 

 


【石神名所 なの花畑】

まずは小湊鉄道の上総大久保駅養老渓谷駅間にある「石神名所 なの花畑」へ向かいます。圏央道 市原鶴舞ICから高滝湖を経由し清澄養老ラインを抜け、左手に菜の花駐車場が見えてきました。駐車料金は無料です。

f:id:swinsuke:20180319223409j:image

f:id:swinsuke:20180319223426j:image

 

菜の花駐車場から徒歩1〜2分で石神名所 なの花畑が見えてきました。この日は快晴。小湊鉄道の通過を待つ方々が50名程度いらっしゃいました。

f:id:swinsuke:20180319223638j:image

f:id:swinsuke:20180319223755j:image

f:id:swinsuke:20180319223828j:image

 

汽笛とともに上総大久保駅10:27発の列車が見えてきました。1時間に1本程度の小湊鉄道。貴重なショットです。

f:id:swinsuke:20180319225955j:image

f:id:swinsuke:20180319230014j:image

 

青空と山の稜線と菜の花。素晴らしい景色でした。

f:id:swinsuke:20180319230041j:image

f:id:swinsuke:20180319230102j:image

 

 

石神名所 なの花畑
〒290-0534 千葉県市原市石神225
https://goo.gl/maps/Tx1pLdL4zbq

 

 

 

里見駅

ノスタルジックな雰囲気漂う小湊鉄道の駅舎。この日は上下線がすれ違う里見駅へ向かいました。駅前には駐車場があり、この日も10台ほどの車が駐車していました。

f:id:swinsuke:20180319231844j:image

 

f:id:swinsuke:20180319230122j:image

f:id:swinsuke:20180319230916j:image

 

時刻表にて発車時刻を確認。11:13発の五井駅行きと11:15発の養老渓谷駅行きを待ちます。

f:id:swinsuke:20180319230954j:image

 

小湊鉄道の駅舎群は国登録有形文化財に指定されています。個人的には月崎駅上総鶴舞駅の駅舎が印象に残っています。

f:id:swinsuke:20180319231217j:image

 

里見駅では弁当、飲み物のほか、野菜や切り花などの産直品も販売されており、この日は焼き芋(200円)を購入🍠すいせんの切り花も色鮮やかでした。

f:id:swinsuke:20180319231244j:image

 

まずは下りホームに養老渓谷駅行きが、続いて上りホームに五井駅行きが入ってきました。駅周辺にも菜の花が咲き誇り、春らしさが感じられました。

f:id:swinsuke:20180319231507j:image

f:id:swinsuke:20180319231522j:image

 

f:id:swinsuke:20180319231714j:image

f:id:swinsuke:20180319231731j:image

f:id:swinsuke:20180319231746j:image

 

 

里見駅
〒290-0541 千葉県市原市平野
https://goo.gl/maps/cgPYbFdJ88v






掛川城〜東海の名城

28.【掛川城静岡県掛川市掛川1138−24

日本100名城 No.42〜
f:id:swinsuke:20180213135325j:image
平成30年2月13日(火)☀️
8:40〜9:40

 

宿泊したホテルから徒歩で掛川城へむかいます。城下町の雰囲気で街並みも統一感がありました。

f:id:swinsuke:20180213133644j:image

f:id:swinsuke:20180213133707j:image

f:id:swinsuke:20180213133743j:image

 

大手門と大手門番所です。

f:id:swinsuke:20180213133933j:image

f:id:swinsuke:20180213133951j:image

f:id:swinsuke:20180213134026j:image

 f:id:swinsuke:20180213134040j:image

 

大手門から川沿いを歩くといよいよ掛川城公園です。

f:id:swinsuke:20180213134151j:image

f:id:swinsuke:20180213134435j:image

 

四足門です。

f:id:swinsuke:20180213134716j:image

 

三日月堀です。

f:id:swinsuke:20180213134530j:image

 

十露盤堀(そろばんぼり)です。

f:id:swinsuke:20180213134545j:image

 

太鼓櫓です。

f:id:swinsuke:20180213134640j:image

  

入場券売り場です。大人410円、小中学生150円です。

f:id:swinsuke:20180213135106j:image

 

天守閣です。日本初の本格木造天守閣として復元されたものです。この日は快晴で、天守閣がよく映えていました。

f:id:swinsuke:20180213135624j:image

f:id:swinsuke:20180213135712j:image

f:id:swinsuke:20180213135834j:image

 

霧吹井戸です。今川氏真徳川家康の戦いで井戸から出たきりが城をすっぽりと覆い隠し、徳川勢が攻撃できなかったという伝説があります。

f:id:swinsuke:20180213135856j:image

 

 

天守閣最上階からの眺めです。

f:id:swinsuke:20180213140153j:image

f:id:swinsuke:20180213140231j:image

 

御殿です。100名城スタンプは御殿入口にあります。現存する御殿は、嘉永7年(1854年)大地震で倒壊したため、時の城主太田資功によって、安政2年(1855年)から文久元年(1861年)にかけて再建されたものです。

f:id:swinsuke:20180213210620j:image 

f:id:swinsuke:20180213210649j:image 

f:id:swinsuke:20180213210705j:image 

f:id:swinsuke:20180213210721j:image

f:id:swinsuke:20180213210935j:image

 

御殿からの天守閣です。いいアングルです。

f:id:swinsuke:20180224144554j:image

 

掛川城の歴史をひもとくと、今川・徳川・武田の戦いにおける掛川城の重要な位置づけを感じるとともに、ゆかりの深い高天神城横須賀城掛川三城もまためぐってみたいと思います。

 

帰りは掛川駅から東海道線、静岡駅から新幹線を乗り継いで帰路につきました。

f:id:swinsuke:20180213211547j:image

f:id:swinsuke:20180213211550j:image

 

帰りの新幹線の車窓(新富士駅付近)からは富士山が。東海三城めぐりを存分に楽しみました。

f:id:swinsuke:20180213211723j:image

 


アクセス
🚞 東海旅客鉄道JR東海東海道新幹線東海道本線天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線 掛川駅北口から北へ徒歩7分
🚗 東名高速道路掛川ICから約5分

 

掛川城
〒436-0079 静岡県掛川市掛川1138−24
0537-22-1146
https://goo.gl/maps/pbgcTELTQA32

 

 

 

岡崎城〜徳川家康生誕の地

27.【岡崎城】愛知県岡崎市康生町563
日本100名城 No.45〜
f:id:swinsuke:20180213130052j:image

平成30年2月12日(月)☀️
14:35〜15:15

駿府城から静岡駅〜島田駅〜浜松駅〜豊橋駅東海道線を乗り継ぎます。

浜松駅から岐阜行きに乗車。関東ではあまりみられないシートでした。

f:id:swinsuke:20180213115516j:image

 

豊橋駅にて名鉄に乗換え。東岡崎駅は特急で一駅めです。

f:id:swinsuke:20180213115646j:image

f:id:swinsuke:20180213115712j:image

f:id:swinsuke:20180213115756j:image

 

東岡崎駅から徒歩で岡崎城へむかいます。徒歩7〜8分の殿橋付近から岡崎城をのぞみます。

f:id:swinsuke:20180213115938j:image

 

岡崎城は菅生川(乙川)沿いにあり、徳川家康生誕の地として、現在は岡崎公園として整備されています。

 

徳川家康銅像です。

f:id:swinsuke:20180213120525j:image

f:id:swinsuke:20180213120545j:image

 

堀などの遺構もしっかりと残されています。

f:id:swinsuke:20180213120759j:image

f:id:swinsuke:20180213120823j:image

 

天守閣です。1959年に再建された復興天守です。

f:id:swinsuke:20180213120938j:image

f:id:swinsuke:20180213121027j:image

f:id:swinsuke:20180213121056j:image

 

龍城堀にかかる神橋(しんきょう)です。

f:id:swinsuke:20180213121139j:image

 

船着場跡です。

f:id:swinsuke:20180213121203j:image

f:id:swinsuke:20180213130331j:image

 

堅牢な石垣がみられます。

f:id:swinsuke:20180213121310j:image

 

東曲輪の東隅櫓です。

f:id:swinsuke:20180213121329j:image

 

切り通しです。敵が先を見通せないようしっかりとしたつくりでした。

f:id:swinsuke:20180213121354j:image

f:id:swinsuke:20180213121414j:image 

 

大手門です。この日は川側から登城したため最後に回りました。

f:id:swinsuke:20180213121440j:image

 

途中東海道線弁天島駅で下車し浜名湖の写真スポットへ。

f:id:swinsuke:20180213121501j:image

f:id:swinsuke:20180213121542j:image

 

駅から徒歩5分程度です。本当はこれより夕暮れがもっと綺麗だと思われますが、風が冷たく寒くて早めに引き上げました💦

f:id:swinsuke:20180213121603j:image

f:id:swinsuke:20180213121722j:image

f:id:swinsuke:20180213121658j:image

 

夕飯は浜松駅で下車し、まずは浜松餃子ということで五味八珍 浜松駅ビルメイワン店へ。餃子12個でしたが、野菜も多く入っており、ビールとともにペロリと🍺浜松餃子定番のもやしの付け合わせも良く合います。

f:id:swinsuke:20180213121751j:image

f:id:swinsuke:20180213121803j:image

 

次に浜松グルメの王道 鰻を食しに八百徳 駅南店へ。

f:id:swinsuke:20180213121842j:image

 

まずは肝焼きを熱燗で🍶寒い夜はあたたまります^_^

f:id:swinsuke:20180213121900j:image

f:id:swinsuke:20180213121915j:image

 

締めは鰻お櫃茶漬けを。当店の看板メニューであり、ふっくらとした鰻をお茶漬けに…だしがよくきいて大変美味でした。

f:id:swinsuke:20180213121935j:image

 

宿泊は天然温泉茶月の湯 ドーミーイン EXPRESS掛川へ。綺麗なホテルで部屋からはライトアップされた掛川城も。展望大浴場も朝食バイキングもGOOD。コスパよしです^_^明日は掛川城を回ります。

f:id:swinsuke:20180213122015j:image

f:id:swinsuke:20180213122033j:image

 


アクセス
🚞 名鉄名古屋本線東岡崎駅から徒歩約15分
🚗 中央自動車道諏訪ICから約15分51-0016

岡崎城
〒444-0052 愛知県岡崎市康生町563
https://goo.gl/maps/tjktjBbXCjk