お城巡りランキング

野球小僧の城めぐり日記⚾️

仕事の合間にゆる〜くじっくり城めぐりを楽しんでます^_^

品川台場〜ペリー来航で整備された砲台

35.【品川台場】東京都港区台場1丁目10

〜日本続100名城 No.124〜

 

2020年8月25日(火)☀️
9:50〜11:20

 

f:id:swinsuke:20200826000057j:image

 

◯概要

 1853年(嘉永6年)のペリー来航に危機を感じた江戸幕府は6つの台場(砲台)を築造しました。現在に至る過程で第三台場と第六台場が残され、第三台場は公園に、第六台場は自然豊かで学術的にも貴重な史跡として海上保全されています。

 

1853年(嘉永6年)6月
ペリーが浦賀に来航。幕府は江戸湾海防強化の必要性を痛感
1853年(嘉永6年)8月
江川英龍の指揮により御台場11基の建設着工
1854年(嘉永7年)7月
第一・第二・第三台場竣工
1854年(安政元年)12月
第五・第六台場、御殿山下台場竣工
※第四・第七台場は築造計画の縮小により工事中止、第八台場以降は未着工。
1926年(大正15年)10月
第三・第六台場が国史跡に指定
1928年(昭和3年)7月
第三台場が都市公園「台場公園」として開園

 

 嘉永6年(1853)6月3日のペリー来航は、江戸幕府を長い「鎖国」の眠りから覚ますことになった。 ペリー退帆後、幕府はすぐさま江戸湾の海防強化の検討に入り、勘定吟味役(※1)格江川太郎左衛門英龍(坦庵)らによる江戸湾巡視の結果、内海防備のための御台場築造が決定した。築造計画は、西洋の築城書・砲術書などを参考にして、南品川猟師町(品川洲崎)から深川洲崎にかけての海上に11基の御台場を築造しようとするものであった。
 工事は嘉永6年(1853)8月末に着手され、昼夜兼行で進められた。土取人夫(※2)などは第一・第二・第三台場築造時で5,000人にも及び、総築造経費は75万両(※3)という膨大なものとなった。
 第一・第二・第三台場は翌年7月に、第五・第六台場と途中で加えられた陸続きの御殿山下台場は12月に竣工した。第四・第七台場は築造に着手したが、工事半ばで中止し、第八台場以降は未着手に終わった。
 最終的に6基完成した御台場は、徳川将軍家に近い親藩・譜代とそれに準ずる家格を持つ大名によって、慶応4年(1868)の幕府崩壊直前まで江戸湾整備の拠点として警備が行われた。

 ※1 勘定吟味役:幕府財政の監査を担う役職
 ※2 土取人夫:土木労働を課せられた人
 ※3 現代の貨幣価値換算で約700億円(諸説有り)

 

 完成した6基の御台場は、明治6年(1873)に海軍省の管轄となり、明治8年(1875)に海軍省から陸軍省に移籍された。その後、第三台場は第六台場とともに、大正4年東京市に払い下げられ、同13年東京府知事によって史跡の仮指定を受け、同15年国指定史跡となる。その後、東京湾に浮かぶ6つの御台場は、2つの史跡を残して埋め立てられたり、撤去されて姿を消していった。
 なお当時の面影をしのばせる第三台場は、都立台場公園として人びとに親しまれている。

海上公園なび・品川区立品川歴史館解説シート「品川御台場」より)

 

 

 

 

お台場海浜公園北口駐車場に駐車し、徒歩で向かいます。駐車料金は2時間以内で普通車600円です。台場公園までは駐車場より徒歩で1〜2分程度です。

f:id:swinsuke:20200826000322j:image

f:id:swinsuke:20200826000340j:image

f:id:swinsuke:20200826000405j:image

 

現在台場公園となっている第三台場の内部は鍋底状のくぼ地となっています。

f:id:swinsuke:20200826000439j:image

f:id:swinsuke:20200826000057j:image

 

 

砲台跡です。レインボーブリッジをのぞみます。

f:id:swinsuke:20200826000845j:image

 

 

第三台場はレインボーブリッジのフォトスポットでもあります。写真上の左手が第六台場です。

f:id:swinsuke:20200826001030j:image

f:id:swinsuke:20200826001054j:image

 

 

弾薬庫跡です。現状で5箇所視認できます。

f:id:swinsuke:20200826001120j:image

f:id:swinsuke:20200826001133j:image

f:id:swinsuke:20200826001212j:image

 

 

陣屋跡です。

f:id:swinsuke:20200826001323j:image

 

 

かまど場です。

f:id:swinsuke:20200826001342j:image

f:id:swinsuke:20200826001358j:image

 

 

第三台場内部からのフジテレビ。

f:id:swinsuke:20200826001729j:image

 

 

第三台場からのお台場の街並み。

f:id:swinsuke:20200826001757j:image

f:id:swinsuke:20200826001825j:image

 

 

第三台場遠景です。

f:id:swinsuke:20200826001907j:image

f:id:swinsuke:20200826001920j:image

 

 

スタンプはマリンハウス一階受付前で押印しました。第三台場から駐車場を通り過ぎ海岸沿いに徒歩10分程度です。今回は非常に暑く断念しましたが、次回はレインボーブリッジの遊歩道からも遠景をおさめたいと思います。

f:id:swinsuke:20200826002050j:image

f:id:swinsuke:20200826002059j:image

 

 


アクセス
🚞 新交通ゆりかもめ お台場海浜公園駅より徒歩約15分(台場公園まで)

 

🚗首都高速11号台場線・台場ICから5分

【駐車場】

お台場海浜公園北口駐車場(台場公園寄り,244台)、お台場海浜公園中央駐車場(お台場海浜公園隣接,101台)があります。
利用時間
北口駐車場、公園内中央駐車場共に24時間営業
料金
北口・公園内中央駐車場共に2時間600円、以後30分ごとに150円加算となります。(北口のみ24時間最大1,500円)
台数
北口駐車場244台、公園内中央駐車場101台

 

 

 

台場公園(品川第三台場跡)
〒135-0091 東京都港区台場1丁目10
https://goo.gl/maps/JXePh68tZXYLncYt7

 

 

 

小布施(長野県小布施町)

2019年5月4日(祝)☀️

10:00〜13:50

 

ゴールデンウィークの軽井沢旅行。2日目は少し足を伸ばして小布施町を散策しました。歴史ある町並みですが、こじんまりと清潔感漂う素敵な町でした。また是非再訪したいです。

 

【小布施堂】

会社の上司から聞いて、かねてから行きたかった小布施堂。結局何も買えず…写真におさめたのでよしとする^_^

f:id:swinsuke:20190524154513j:image

 

 

【小布施の町並み】

ゴールデンウィークということもあり昼前から混み合ってきたが、どこかほっこりする素敵な町並み。次回はもう少し時間をとり散策したい。
f:id:swinsuke:20190524154509j:image

f:id:swinsuke:20190524160258j:image
f:id:swinsuke:20190524160254j:image
f:id:swinsuke:20190524160249j:image
f:id:swinsuke:20190524160245j:image

 

 

【桜井甘精堂 泉石亭】

なかなか行けない小布施。ネットで検索に検索を重ねてチョイス。11時過ぎに入店し30分程度で案内。当初店内中ほどの席なるも、「窓際のお席が空きましたので…」と気配りも素晴らしく、気分良く食事をとれました。めいめい異なるメニューなるも、どれも美味しく、観光地のわりに割安感がありました。次回も再訪確定^_^

f:id:swinsuke:20190524154505j:image
f:id:swinsuke:20190524154517j:image
f:id:swinsuke:20190524154521j:image

f:id:swinsuke:20190524154554j:image
f:id:swinsuke:20190524154559j:image
f:id:swinsuke:20190524154544j:image

 

 

【桜井甘精堂 北斎亭】

この日は日差しが強く、締めはやはりソフトクリーム。マロンペーストが美味。大好評でした^_^

f:id:swinsuke:20190524154656j:image
f:id:swinsuke:20190524154659j:image

 

 

f:id:swinsuke:20190524154733j:image

 

 

【町営松村駐車場】

小布施の中心地までは徒歩7〜8分程度。普通車は1日500円とコスパはまずまず。次回もこちらを利用したいです。

f:id:swinsuke:20190524154737j:image

 

 

小布施町
長野県上高井郡
https://goo.gl/maps/vUKg1cCi25GfyXp37

 

 

 

 

 

鉢形城〜北条氏 北関東支配の拠点

34.【鉢形城】埼玉県大里郡寄居町大字鉢形2496-2

日本100名城 No.18〜

 

2019年5月5日(祝)☀️
14:40〜15:30

 

f:id:swinsuke:20190524152010j:image

 

 

◯概要

 鉢形城跡は、戦国時代の代表的な城郭跡として、昭和7年に国指定史跡となりました。城の中心部は、荒川と深沢川に挟まれた断崖絶壁の上に築かれていて、天然の要害をなしています。この地は、交通の要所に当たり、上州や信州方面を望む重要な地点でした。
 鉢形城は、文明8年(1476)関東管領(かんとうかんれい)であった山内(やまのうち)上杉氏の家臣長尾景春(ながおかげはる)が築城したと伝えられています。後に、この地域の豪族藤田泰邦(ふじたやすくに)に入婿した、小田原の北条氏康(ほうじょううじやす)の四男氏邦(うじくに)が整備拡充し、現在の大きさとなりました。関東地方において有数の規模を誇る鉢形城は、北関東支配の拠点として、さらに甲斐(かい)・信濃(しなの)からの侵攻への備えとして重要な役割を担いました。
 天正18年(1590)の豊臣秀吉による小田原攻めの際には、後北条氏の重要な支城として、前田利家上杉景勝等の北国軍に包囲され、攻防戦を展開しました。1ヶ月余りにおよぶ籠城(ろうじょう)の後に、北条氏邦は6月14日に至り、城兵の助命を条件に開城しました。
 開城後は、徳川氏の関東入国に伴い、家康配下の成瀬正一(なるせまさかず)・日下部定好(くさかべさだよし)が代官となり、この地を統治しました。
 なお、鉢形城跡は「21世紀に残したい埼玉ふるさと自慢100選」(平成12年、埼玉ふるさと自慢100選選定委員会・埼玉新聞社認定)、「日本100名城」(平成18年、日本城郭協会認定)、「日本の歴史公園100選」(平成19年、都市公園法施行50周年等記念事業実行委員会選定)、「日本の史跡101選」(平成19年、日本経済新聞社広告局選定)に選ばれています。

寄居町ホームページより)

 

 

鉢形城記念館です。外曲輪の一角に建てられており、100名城スタンプが設置されています。

f:id:swinsuke:20190524151758j:image

f:id:swinsuke:20190524145233j:image

 

外曲輪です。
f:id:swinsuke:20190524145241j:image

 


f:id:swinsuke:20190524145236j:image
f:id:swinsuke:20190524145314j:image
f:id:swinsuke:20190524145310j:image

 

深沢川です。
f:id:swinsuke:20190524145318j:image
f:id:swinsuke:20190524145305j:image

 

町指定天然記念物 鉢形城の桜 エドヒガンです🌸愛称「氏邦桜」です。

f:id:swinsuke:20190524145351j:image
f:id:swinsuke:20190524145347j:image
f:id:swinsuke:20190524145344j:image
f:id:swinsuke:20190524145354j:image

 

 

f:id:swinsuke:20190524145424j:image
f:id:swinsuke:20190524145431j:image

 

二の曲輪です。堀と畝、土塁がみられます。
f:id:swinsuke:20190524145427j:image
f:id:swinsuke:20190524145420j:image

f:id:swinsuke:20190524145453j:image
f:id:swinsuke:20190524145505j:image

 

三の曲輪です。
f:id:swinsuke:20190524145501j:image

 

復元四脚門です。
f:id:swinsuke:20190524145457j:image

 

石積土塁がみられます。

f:id:swinsuke:20190524145545j:image

 

石組排水溝です。
f:id:swinsuke:20190524145529j:image

 

復元四啊・庭園の周囲にも石積土塁がみられます。
f:id:swinsuke:20190524145535j:image

f:id:swinsuke:20190524151022j:image

f:id:swinsuke:20190524145539j:image

f:id:swinsuke:20190524145620j:image

 

荒川に面した崖は断崖絶壁の天然の要害となっています。
f:id:swinsuke:20190524145610j:image

 

空堀には復元された木橋がかけられています。

f:id:swinsuke:20190524145701j:image

 

空堀が多くみられます。
f:id:swinsuke:20190524145649j:image
f:id:swinsuke:20190524145652j:image


f:id:swinsuke:20190524145657j:image

f:id:swinsuke:20190524145732j:image

 

馬出です。

f:id:swinsuke:20190524145728j:image

f:id:swinsuke:20190524151701j:image

 


f:id:swinsuke:20190524145725j:image

 

 

鉢形城跡は、広大な敷地に遺構がよく残されていて見どころも多く、荒川・深沢川に面する天然の地形を巧みに利用したつくりとなっていました。往時の雰囲気が十分に感じ取れる城跡でした^_^

 


アクセス
🚞 JR八高線秩父鉄道線・東武東上線 寄居駅下車、徒歩約25分

イーグルバス 寄居駅発・和紙の里行き「鉢形城歴史館前」下車、徒歩約5分

 

🚗関越自動車道花園IC下車、国道140号バイパスを秩父長瀞方面へ6km、約15分

 

鉢形城
〒369-1224 埼玉県大里郡寄居町鉢形
https://goo.gl/maps/fTfwMM5CgFqATLzs5

 

 

 

松代城〜武田信玄が山本勘助に命じて築いた海津城

33.【松代城】長野県長野市松代町松代松代殿町44

日本100名城 No.26〜

 

2019年5月4日(祝)☀️
14:00〜14:50

 

f:id:swinsuke:20190521202752j:image

 

 

◯概要

松代城は、江戸時代には松代藩主・真田家の居城でした。そのはじまりは、戦国時代に築城された海津城です。  海津城の築城年代は不明ですが、海津城の名が文献に確認できるのが永禄3年(1560)ですので、このころにはすでに築城されていたことがわかります。戦国時代から江戸時代初頭までこの地を支配した武田信玄上杉景勝などにとって、この城は北信濃を支配する上での軍事的・政治的に重要な拠点となっていました。元和8年(1622)に真田信之が松代に移ると、松代城本丸に御殿を建築し、松代藩政の拠点としました。その後、江戸時代の半ばには、御殿が城の南西に位置する花の丸に移ることになり、本丸は機能を持たなくなりました(信州松代観光情報より)




f:id:swinsuke:20190520042328j:image
f:id:swinsuke:20190520042324j:image
f:id:swinsuke:20190519211851j:image

 

北不明(あかず)門です。
f:id:swinsuke:20190521201127j:image
f:id:swinsuke:20190521201130j:image
f:id:swinsuke:20190520042248j:image

f:id:swinsuke:20190521201258j:image

f:id:swinsuke:20190521201203j:image

 

海津城址之碑です。

f:id:swinsuke:20190521201328j:image

f:id:swinsuke:20190519211815j:image

f:id:swinsuke:20190519210842j:image

 

 

東不明(あかず)門と東不明門前橋です。

f:id:swinsuke:20190521201434j:image

f:id:swinsuke:20190521201707j:image

f:id:swinsuke:20190521201529j:image

 

東不明門周辺です。堀がみられます。
f:id:swinsuke:20190519211824j:image
f:id:swinsuke:20190519211828j:image

f:id:swinsuke:20190521202141j:image
f:id:swinsuke:20190521202051j:image

 

 


二の丸石場門です。

f:id:swinsuke:20190520042245j:image

f:id:swinsuke:20190521201838j:image

 

二の丸南門です。

f:id:swinsuke:20190521202807j:image
f:id:swinsuke:20190521202820j:image
f:id:swinsuke:20190521202824j:image
f:id:swinsuke:20190521202755j:image
f:id:swinsuke:20190521202802j:image

 

太鼓門と太鼓門前橋です。松代城のメインのアングルです。
f:id:swinsuke:20190521202752j:image
f:id:swinsuke:20190521202815j:image
f:id:swinsuke:20190521202748j:image

 

土塁がみられます。
f:id:swinsuke:20190521202758j:image
f:id:swinsuke:20190521202811j:image

 

 


続100名城スタンプのある真田宝物館に向かいます。松代城跡からは徒歩5分程度です。
f:id:swinsuke:20190519211807j:image
f:id:swinsuke:20190520042335j:image
f:id:swinsuke:20190519211837j:image
f:id:swinsuke:20190519211811j:image

 

スタンプは真田宝物館前のテントに設置されていました。
f:id:swinsuke:20190520042254j:image

 

 

この日は時間がなかったものの、松代城のスケールの大きさが印象に残りました。次の機会には、旧松代駅舎や川中島古戦場なども回ってみたいと思います。

 


アクセス
🚞 JR長野新幹線長野駅から川中島バス「松代行き」で約30分、「松代」バス停下車、徒歩約5分

🚗上信越自動車道・長野ICから5分

 

松代城
〒381-1231 長野県長野市松代町松代松代殿町44
026-278-2801
https://goo.gl/maps/Rjd161Hz2zvqZqBG8

 

 

 

忍城〜石田三成の水攻めに耐えた「のぼうの城」

32.【忍城

埼玉県行田市本丸17−23

〜続日本100名城 No.118〜

〜関東七名城〜 

 

2019年5月3日(祝)☀️
9:00〜9:55

 

 

 

◯概要

関東七名城に謳われた忍城は文明年間(1469~86年)の初め頃に築城され、上杉、北条氏との戦いにも落城せず、石田三成の水攻めにも耐え、戦国の世を生き抜いた名城です。

忍城明治維新の際に壊されましたが、忍城本丸の跡地に往時の面影を再現した忍城址(おしじょうし)が整備されています。この事業に対し、「'93さいたま景観大賞」や「都市景観大賞」が授与されています。また、忍城址内には郷土博物館が併設されています。(行田市ホームページより)

 

f:id:swinsuke:20190517173233j:image

 

騎西城を後にし、次に忍城に向かいます。映画「のぼうの城」、ドラマ「陸王」の舞台でもあります。

 

忍城址に隣接した駐車場が整備されています。

f:id:swinsuke:20190517181946j:image

 

伝進修館表門です。

f:id:swinsuke:20190517173556j:image
f:id:swinsuke:20190517173334j:image

 

 

忍城の由来」の説明書きです。

f:id:swinsuke:20190517173222j:image

 

御三階櫓です。このアングルがベストショットかと^_^

f:id:swinsuke:20190517173356j:image

 

 

f:id:swinsuke:20190517173348j:image
f:id:swinsuke:20190517175103j:image
f:id:swinsuke:20190517173548j:image

f:id:swinsuke:20190517175451j:image
f:id:swinsuke:20190517173616j:image

 

忍城址の碑です。
f:id:swinsuke:20190517173535j:image

 

忍城址案内図です。

f:id:swinsuke:20190517173605j:image

 

土塁がみられます。

f:id:swinsuke:20190517173213j:image

f:id:swinsuke:20190517174653j:image

 

史蹟 忍城の鐘です。

f:id:swinsuke:20190517180605j:image
f:id:swinsuke:20190517180610j:image

 

行田市郷土博物館です。忍城址に隣接し、続100名城スタンプが設置されています。スタンプ押印のみであれば入館料は無料です。
f:id:swinsuke:20190517180601j:image

 

「ぶらっと♪ぎょうだ」です。行田市郷土博物館の休館時にはこちらに続100名城スタンプが設置されます。忍城址からは徒歩7〜8分程度です。

f:id:swinsuke:20190517173143j:image

f:id:swinsuke:20190517173321j:image
f:id:swinsuke:20190517173325j:image

 


f:id:swinsuke:20190517175434j:image

 

 

忍城しかり、行田は伝統ある古きよき町でした。またゆっくり散策したいと思います。

 

 


アクセス
🚞 

◯JR吹上駅(北口)から
朝日バス 
行田折返し場・行田市駅・総合教育センターゆき(前谷経由)「忍城」(おしじょう)バス停下車すぐ。
行田折返し場・総合教育センター・工業団地ゆき(佐間経由)「新町(あらまち)1丁目」バス停下車、バス進行方向へ直進、県道128号(旧国道125号)を左折、徒歩10分。 
◯JR行田駅(東口)から
市内循環バス 西循環コース
【右回り】「忍城址・郷土博物館前」下車すぐ(乗車時間19分)

【左回り】「行田市バスターミナル」下車徒歩5分(乗車時間9分)

市内循環バス 観光拠点コース
【右回り】「行田市バスターミナル」下車徒歩5分(乗車時間12分)

秩父鉄道行田市駅(南口)から
徒歩15分。南口を出て直進し、県道128号(旧国道125号)を右折直進。

🚗

東北自動車道
加須インターから県道128号(旧国道125号)を行田方面(西)へ約30分。(約17km)
羽生インターから県道84号を行田方面(西)へ。国道125号行田バイパス経由で約30分。(約14km)
関越自動車道
花園インターから国道140号を熊谷方面(東)へ。熊谷警察署前交差点を右折、国道17号経由で約40分。(約22km)
東松山インターから国道407号を鴻巣吹上方面(北)へ。県道66号、国道17号経由で約30分。
国道17号中山道
熊谷市内、佐谷田(北)交差点を県道128号(旧国道125号)へ。行田方面へ約10分。
国道17号熊谷バイパス
行田市内、持田インターを県道128号(旧国道125号)へ。行田市街地方面へ約3分。
◯国道122号
加須市内、志多見交差点を県道128号(旧国道125号)へ。行田方面へ約25分。

 

忍城
〒361-0052 埼玉県行田市本丸17−23
https://goo.gl/maps/dQ2JAdutPsNGvzPx7